子どもの歯医者は結構ストレス…

自分の歯医者さん通いよりも、子どものための歯医者さん通いの方がかなりストレスだったりしますね。大人の私は歯医者さんに苦手意識があっても、我慢すればいい話じゃないですか。けれども、子どもは我慢なんてしませんからね。歯医者さんがイヤだったら「イヤだー」と暴れますから。けれども、親としては歯医者さんに行く必要があるのに、歯医者さんに連れて行かないわけにはいかないじゃないですか。ですから、連れて行くわけですよ。ドアノブにしがみついて離れないような子どもであっても…。ですから、子どもの歯医者さん通いは親にとっても結構なストレスですね…。と、言うか、親の方がストレスな気がします。けれども、歯医者さん側だって努力はものすごくしてくれているのです。子どもに優しく対応してくださっていますし、子どものオモチャも豊富にそろえてくれていますし。しかし、麻酔の注射の痛さが恐怖なようで、「歯医者さんはイヤだー!」と言って聞かないのですよね。早く歯医者に慣れて欲しいです。

良い歯医者さんを見分けるポイント

歯医者さんは数が多く、中には腕の悪い歯医者さんや、患者さんよりもお金儲け第一のたちの悪い歯医者さんも存在するので、良い歯医者さんを見分ける必要があります。そこで、良い歯医者さんを見分けるポイントをいくつか紹介していきます。まず見ておきたいのが、受付やスタッフの対応です。対応が悪いからといって歯医者さんの腕が悪いとは言い切れませんが、患者さんを第一に考えている歯医者さんであればスタッフの教育もしっかりしているはずですので、不快になるような対応をされた場合はその歯医者さんは避けた方が無難といえるでしょう。次のポイントは、歯医者さんによる治療方針の説明です。どんな治療であっても、事前にしっかりと治療について患者さんに説明してくれるかどうかは大切なポイントです。もしも治療方針に納得がいかない場合は違う治療法にしてもらうこともできますし、事前説明があることで治療への不安も減ります。ですので、しっかりとした治療方針の説明がされない歯医者さんは選ばないほうが良いでしょう。それらのポイントの他に、治療設備や全体の雰囲気などを見てトータルで良い歯医者さんかどうかを判断すると良いでしょう。

歯医者が予約が空いている時間というのはあるのか

いつも予約が入ってしまっていて、自分の希望する時間に診察してもらうことができないという悩みを抱えている人たちが多いかもしれません。確かに夕方の時間は予約が入りやすいかもしれず、土曜日や休日にもオープンしている歯医者はすぐにその時間帯はいっぱいになってしまうことが多いものです。基本的に歯医者の予約があまり入らない時間帯というのは平日の昼間の時間帯であり、そのときに時間を取れるといいのですが、そうもいかない人はなかなか苦しいかもしれません。午後の早めの時間や午前中なども比較的予約が空いているかもしれません。1回の治療が終わると、次回いつ治療にこれますかということを相談することになるのですが、自分の希望する時間帯に入れることができない場合には悩んでしまうでしょう。治療と次の治療の日が大きく開いてしまうのもあまり気分のいいものではありませんので、そのあたりは自分の希望を押して言ってみることができるかもしれません。歯医者が調整してくれる場合もあるからです。